--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-09-09

真っ白な脱力感

ピンポンが、8日朝、☆になりました。
前日は、休みだったので、ずっと観察していましたが、
ケージ内を、よく動き回っていました、
数日前から、食欲が落ちているのに気づき、
病院でレントゲンも撮りましたが、肺にも異常がなく、
便にも原虫は見られるものの大事ないということで、
とりあえず、点滴をしてもらいました、
環境も問題がないであろうということでしたが、
温度を少し上げて様子を見ろということで、
温度を上げ、好きな新鮮野菜を栽培し、
加湿器まで設置しましたが、間にあわなかったようです。
前日によく動いていたので、ようやく元気になってきたものと思い込んでいましたが、
今思うと、苦しくて動いていたのでは、と思います。

朝、ピンポンを、ずっと手で保温しましたが、動きませんでした。
休みの日に、元気になったと思わずに、病院に連れて行ってたら、
まだ助かっていたかもしれません。

今、振り返って考えてみると、
よく食べていたのに、体重が増えない。
舌の色が白っぽい。
腹甲が、柔らかかった。
尿臭がきつい。
など腎不全の症状が、出ていました。
最適な環境に合わすことができなく、ストレスが、溜まっていったのでしょう。

頭の中が、真っ白になり、ガックリとなりました。
最初から、あまり状態がよくないピンポンであることは、解っていましたが、
自分なら、どうにかなると、考えていました、考えが甘かったようです。

また、機会があれば、ピンポンサイズを育ててゆきたいものですが、
今、反省し解ったことは、
ホシガメピンポンに限りますが、
ジメジメした夏の環境を再現し、維持する。
それが、最も大切だと思います。

夏から秋へ気候の変わり目に、こちらが、対応できていなかったのが、
失敗の最大の原因だと思われます。
そのために、注意すべきは、
空気の温度より、床の温度は、5℃低い。
床を湿らせても、空中の湿度は、そんなに上がらない。
また、
ピンポンサイズのうちは、野菜だけではなく、リクガメフードも与える。
照明時間を少し短めにする事も必要かと考えます。

ピンポンが☆になった時の気持ちを忘れないようにし、
次の機会に繋げてゆきたいと思います。
ありがとうございました。


スポンサーサイト

theme : リクガメ
genre : ペット

2009-08-31

ハンドパワー?

conv0084.jpg今日は、休みだったので、ピンポンを朝から観察,

朝起きて、少し食べただけで、その後、寝たきり、
昼になっても、寝ているので、心配で、ケージの温度をまた少し上げたり、
温浴させたり、でも寝たきり、そこで最後の手段、
ハンドパワー、手の平で包み込んで保温すること、
1時間、やっと動き出しました。







conv0085.jpgそして、
夕方4時には、しっかり食べていました。

ハラハラ、ドキドキの一日でした。











conv0086.jpgケールと、クローバーの種を蒔き、その上をガード。
30cmのケージが、物でいっぱいです。



theme : リクガメ
genre : ペット

2009-08-29

二日で壊滅

conv0081.jpg conv0083.jpg

空芯菜、二日で食べつくされました。
左が二日前、右が今日朝、ピンポン恐るべし!

もっと強力に繁殖する植物は、ないものか、
いつまでたっても、オアシスの様になりません。

次は、またクローバーを蒔いて、柵でしばらく保護しておこう。

ハイブリッド加湿機、格安でゲットしました。送料込みで何と2980円でした。
このところ、安くて良い加湿器は、ないかと探していたところ、見つけました。
超音波式や、加熱式なら、この位の値段でありますが、ハイブリッド式は、ないです、
九月になると各社新製品が出るので、在庫処分でしょう。
加湿器、買うなら今月中でしょう。
もちろん、カメ用です。
右サイドの画像からリンクしています。

theme : リクガメ
genre : ペット

2009-08-27

空芯菜 再び

conv0081.jpgこりずに、また空芯菜の種を蒔きました。
2~3日ピンポンに見つからないように、囲っておきましたが、そこそこ大きくなったので、開放しました。













conv0082.jpgビタミンA不足解消のため、ニンジンを与えています。
アルファルファや、ツマミナも良さそうなので、今日、種を注文しておきました。

床が土なので、いろいろな種を蒔けて、
おもしろいように、芽が出てきます。
でも、しばらくは囲っておかないと、芽のうちに食べられてしまいます。
他の大きいカメ達には、囲いは、通用しません、あっというまに破壊されます。ピンポンのうちだけです。

ピンポン、温度を少し上げて、良い感じですが、
この頃夜が、冷え込むので、ぼちぼちケージの周りに、保温材を貼り付けようかなと思います。

theme : リクガメ
genre : ペット

2009-08-17

ピンポンの住環境

conv0069.jpg小松菜・モロヘイヤを、食べるピンポン
5日前の写真です。この頃は、まだ、空芯菜が残っていました。













conv0070.jpg今はもう、空芯菜の影も形も有りません。
全て食べつくしました。

環境ですが、床は、土です、かなり湿らせてあります。
左隅に、フィルムヒーターをひき、その上に直に、水入れと、シェルターを置き、ヤシの実チップを散らせてあります。
水入れの水温は、いつも32℃あります。
また、シェルター周辺は、乾燥しています。
全体的に温度は、左上隅で、32℃、右下隅で29℃で、湿度は、80%位です。
照明は、レプティグロー10UVBと、熱帯魚用植物育成ライトです。
空芯菜が、全滅したので、クローバーの種を蒔いてありますが、芽が出次第、次々に食べられています。


theme : リクガメ
genre : ペット

プロフィール

beetonn2007

Author:beetonn2007
トル子と印度くんです、よろしく!

カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。